市長近況短信 No406 (5月中旬号)

いよいよチャレンジデー
           ~みんなで楽しく、健康に!~

 いよいよチャレンジデーの日が近づいてきました。「住民の健康
づくり」や「まちの活性化」を図るきっかけづくりのイベントです。

 高齢化が進み、「健康」が長い余生を楽しむうえで、とても大切
なことになっています。私も後期高齢者に近づくにつれ、「健康」
を意識することが多くなりました。市民みんなで楽しみながら健康
に気を配る契機になれば幸いと、今回初チャレンジをすることにし
たのです。
 
 毎年5月の最終水曜日に、午前0時から午後9時までの間に、
15分以上継続して運動やスポーツを行った住民の参加率(%)を
人口規模がほぼ同じ自治体と競い合います。
 今回わがまちの対戦相手は山口県宇部市。宇部市といえば、瀬戸
内の美しい海が臨めることや、宇部空港などでご存じのことと思い
ます。
 山口県は私が20代のときに総理府の青年海外派遣団の一員とし
てインド・ネパールを訪問した仲間が住んでおり、何度か訪れたこ
ともある縁のある地域でもあります。

 さて、19日の金曜日には県内の参加市が県庁に集まって決意表
明をしてきました。今回神奈川県から参加するのは本市を含めお隣
の伊勢原市など10自治体です。黒岩知事からは昨年の6勝4敗を
上回る成績を残してもらいたいという叱咤激励が。県知事も気合が
入っています。

 22日の朝には対戦相手の宇部市の久保田市長とスカイプでエー
ル交換をしました。スカイプとはパソコンを使った、いわゆるテレ
ビ電話で、かつて地球の裏側、パサデナ市と通話した時以来の利用
です。写真ではちょっとわかりにくいかもしれませんが、スクリー
ンに映っているのが久保田市長、逆に相手の画面には私が映し出さ
れているはずです。
 宇部市は昨年初勝利をあげられ、ベストPR賞を受賞するなど勢
いのある強敵。これで関係を持ったのも何かの縁です。
ぜひ、お互いに頑張りましょう!

 そして、一番の目的は、「市民の皆さんに楽しんでもらうこと。」
このイベントの「運動」は非常に幅広く、どんな世代も楽しめるよ
うに設定されているのです。いわゆるスポーツだけでなく、ウォー
キングや、体操、いつもは車通勤するところをちょっと早起きして、
自転車や徒歩で通勤すれば環境にもやさしいので一石二鳥です。
 様々な団体、関係者のご協力をいただき、当日は体を動かせる特
別イベントも数多く用意しました。家で、学校で、職場で、仲間で、
声を掛け合って楽しんでください。このようなイベントを通じ市民
が一体となって「わがまち」を盛り上げること、「わがまち」に愛
着を持つきっかけとなれば、うれしく思います。

 さて、結果はいかに?6月上旬の号で、結果を報告したいと思い
ます。まずは、参加率50%が目標です。みなさん、元気に楽しみ
ましょう!
宇部市の久保田市長とスカイプでエール交換用


決起集会で決意表明「ガンバルぞ!」

秦野駅前にも横断幕

バックナンバーは、こちらのページをご参照ください