市長近況短信 No408 (6月上旬号)

初めてのチャレンジデー参加率47.5%》
           ~広がる人の和、自治体の輪~

 5月中旬号で取り上げたチャレンジデー。5月31日に開催、
翌日にはその結果が発表されました。
 何と、初参加で初勝利!参加者は実に7万9千人ほど。47.5
%もの参加率でした。対戦相手の宇部市も45.6%の参加率でし
たので、僅差のいい勝負でした。
 同じ目的を持って参加し、「仲間」として一体感を楽しめれば、
それが一番嬉しいことですので、勝敗関係なくお互いに健闘を讃え
合いたいと思います。
 この日は市内各所で様々なスポーツイベントが行われました。市
役所の職員も勤務時間後に本町小学校のグランドや水無川緑地に集
合し、「1000人体操」を実施。私も両副市長とともに参加して
一緒に汗を流しました。

 さて、まちづくりには、市民の皆さんの力が必要です。私はよく
「市民力・地域力」という言葉で表現します。一方、出身地、年齢
や性別も異なる方々が一つになって何かに取り組む機会が少なくな
っていることを実感しています。災害時などには地域の助け合いが
不可欠ですので、市長として、「市民力・地域力」を盛り上げるた
めに今回のような取り組みをきっかけの一つにしたいと考えたわけ
です。
 また、災害といえば、自治体同士のつながりも必要です。もし、
関東で大きな災害があれば東京、横浜や川崎など大都市が注目され、
なかなか周辺のまちに支援の手が回らないのではないかという心配
があります。そこで、私は遠距離、中距離、近距離の自治体と災害
時の協定を結んでいますが、それ以外にも何かしら関係がある自治
体があれば、お互いに助け合うことができます。人の和が広がり、
自治体の輪となれば素晴らしいことだと思いませんか。
 今回対戦相手となった山口県の宇部市も何かの縁です。本州の西
端ですが空港がありますので、秦野から高速バスで羽田へ、それか
ら飛行機を使えばそれほど時間はかかりません。ぜひ、一度足を運
んでみたいと思っています。


 チャレンジデーにご参加いただいた皆さん、お疲れ様でした。
健康は一日では成しえません。日々継続して体を動かし、元気に楽
しく日々を過ごすきっかけとなればうれしい限りです。ご協力くだ
さった皆さん、どうもありがとうございました。







園児のみんなで体操



市職員も1000人体操


体育館に設置された集計箱
バックナンバーは、こちらのページをご参照ください