市長近況短信 No417 (9月上旬号)

《商店街プロレス×丹沢はだの軽トラ市》
           

 先日、東海大学前駅で行われた「商店街プロレス×丹沢はだの軽
トラ市」に出席してきました。
 このイベントは、東海大学前駅周辺のにぎわいを創出するため、
駅前広場で定期的に開催しているものです。本イベントも今年で4
回目を数え、認知度も高まってきており、今や、東海大学前駅の風
物詩のひとつとなっています。

 大日本プロレスに加え、地元東海大学の学生プロレスの皆さんに
も参加いただき、イベントを盛り上げていただきました。
 場外乱闘あり、笑いありのパフォーマンスで、会場にお越しいた
だいた来場者を多いに楽しませていました。

 プロレスといえば、私たちの年代では、「力道山」です。ご存じ
でない方もいらっしゃると思いますが、我々の年代にとっては、ま
さにヒーローそのものです。必殺技は「空手チョップ」。シャープ
兄弟など、敵をバッタバッタと倒す姿に、我々世代は、みんな憧れ
たものです。
 テレビが各家庭に普及していない頃、幸いにも、自宅近くに街頭
テレビが設置されていましたので、そのテレビにかじりついて力道
山に声援を送った記憶があります。
 今でこそ、プロレスがテレビで放映されることもなくなりました
が、当時は、娯楽の一つとして、お茶の間で子どもから大人まで熱
狂したものです。

 プロレスのほかでは、「軽トラ市」も人気の催しです。
「軽トラ市」は、軽トラックの荷台を店舗に見立てた朝市のことで
す。
 10年ほど前に岩手県で始められ、今では日本全国へと広がって
います。車で乗りつけて撤収も簡単とういう手軽さ、荷台の高さが
商品陳列にもちょうどよい、対面販売というのも人気の理由だそう
です。そこには、そこでしか手に入らないものがたくさん並んでい
て、その土地独自の文化や地域性が見えてきます。

 今回は、「音楽」、「ダンス」の恒例イベントのほか、「たばこ
祭」が第70回目を数えるということもあり、「たばこ祭写真展示」
やFM横浜のラジオ・パーソナリティでもおなじみの栗原治久さん
をMCにお迎えして、「たばこ祭の歴史を振り返るトークショー」
も70回を記念し開催しました。もちろん、来(きた)るたばこ祭の
PRもしっかりさせていただきました。
 また、大根中学校の吹奏楽部の生徒さんたちにもオープニングア
トラクションで花を添えていただきました。

 地元の商店街、大学、中学と大根地区総ぐるみでの取り組みは、
まさに、地域力による地域の活性化だと感じています。
 回を重ねるごとに盛り上がっていますが、今後さらに、大きなイ
ベントとして成長していくような気がします。
また、ぜひ、そうなって欲しいと思っています。



FM横浜のMC栗原さんとトークショー


駅前広場のリンクに声援をおくる観客の皆さん
バックナンバーは、こちらのページをご参照ください